英国。色々あるけど住んでます。

イギリス生活の日記とか回顧録みたいなもの

まだ引きずってるらしい

昨日の夜、夕飯を作っている最中にリビングの方から家族の爆笑が聞こえてきました。
いや、主にオットの笑い声でしたが。
ちょっと疎外感を味わいつつも聞き耳を立ててみたら「Why did you searched this word?(なんでこの言葉を検索したの?)」と笑いすぎて息も絶え絶えなオットの声と「Nothing!(なんでもない!)」と照れ隠しで抵抗する上の子の声と、意味もわからず「No daddy!(お父さん!めっ!)」と姉に加勢する下の子。なんだかとっても楽しそう…

子供らが寝た後で詳細を聞いてみたら「She was searching the word "homeless" on Google(ホームレスって単語をググってた)」だそうです…
オットが調べ物をするのにテーブルに置きっぱなしになってた上の子がいつも宿題で使ってるiPadGoogleを開いたら、彼女が検索して開きっぱなしだったページがそれだった、ということらしいです。

怖い情報じゃないでしょうね?と思って私もその検索履歴から出てきた情報のトップページだけとりあえず斜め読みしてみたのですが、近隣地域にあるシェルターの情報と、コロナ禍で客足が激減しているホテルが臨時シェルターとして解放されたみたいなニュース、ボランティア募集のページなど、彼らの救済のための情報ばかりで、いわゆる「子供にはまだ見せたくない残酷な現実」は出てきてなかったようでちょっとほっとしてしまいました。
いつかは常識として知っておいた方がいいけど、今の時点でこれ以上トラウマを植え付けてもいいことないし…

それにしても「わからないことがあったらひとまずググってみる」という行動を、特に教えてもいないのに自主的に行う小学校3年生ってどうなんだ?と嬉しい反面、自分の頃とはまるで違う環境についていくのがやっとな状況ですよ。

まあ、私が3年生の頃にネットなんてなかったもんなぁ。
大人になってからADSLダイアルアップしてガーガーピーヒョロ言わせてたわけで、今時の子供にとってはもう化石ですよ化石。もしくは神話。
3年生の頃なんて、近所の池で友達とおたまじゃくしを捕獲して家に持って帰って叱られたり、河原に放置されてた土管に友達と秘密基地を作ったりしてたくらいで。
そういえばこの土管はすぐにホームレスのおじちゃんに取られちゃったなぁ…ってこの思い出はあえてうちの子には語らないほうがいいですね。間違いなく。

↓近所の顕微鏡持ってる子に借りて色々みてた思い出。と思って検索したらこれもすでにデジタル化してるし…↓

f:id:YOME:20201020172138j:plain

関係ないシリーズ。下の子の作品。ブレーメンの音楽隊、増員しました。

森の散策

日曜日。やることがなかったので、ちょっとだけ遠出のお散歩に出かけることにしました。
Ashridge EstateというNational Trustで、お屋敷の方にはいかないでひたすら森(庭)の方の散策をしようということで。

これがまたロンドンから割と近いので、駐車場を探すのが難しいほどの大賑わいでして、「これが”密です”ってやつか!」と思ったほどの人出でした。
通常時のオックスフォードサーカスあたりの人たちがテレポートされてきたのかってくらい。
ロックダウンの一番厳しいヤツが解除されてNational Trustがボチボチ再開しだした頃にいろんな公園に行ったりしましたが、ここが一番混雑してたと思われます。
森に入ってしまえばそんなに「ぎゅうぎゅうで歩くのも大変!」ってことはないのですが、細い道ですれ違うのもちょっとめんどくさい感じではありました。

f:id:YOME:20201019035149j:plain

手入れが程よく”されていない”森の中は妖精さんが遊んでても不思議はない感じで、正式名称は知りませんが、なんかクリスマスっぽい木の実も発見したし。柊木?なのかな?

コースがいくつかに分かれていて、ちびっこもいるので一番平坦な道を選んでずんずん歩いていたら、なんか森の中に突然民家風の建物を発見。
たぶん管理事務所だと思われますが、魔女が住んでてもいい感じ。

f:id:YOME:20201019035146j:plain

 そしてイギリスの森といえばDenですよ。
もちろんこの森でもあちこちに作りかけのDenが見受けられました。

f:id:YOME:20201019035151j:plain

イギリス人は森で大きめの枝を見つけると木の幹に立てかけないと気が済まないようにできているんでしょうかね。遺伝子的に。
クヌギやナラの木の森でそこら中にどんぐりが落っこちてたので、うちの子らは一生懸命拾ってポッケに詰め込んでました。
虫が沸かないことを願ってます…

↓これか?これの出番なのか?↓

絵本の無料配布

金曜日に下の子がナーサリーから本をもらって帰ってきました。
うちの地域はナーサリーとレセプションで本をくれるのでありがたく読ませてもらってますが、上の子の時もそうでしたが、なぜかわざわざ「日本語対訳つき」の本も1冊入ってます。

これがなんと言うか、私の趣味じゃない…
いや、せっかくくださったのに文句を言うのは失礼だと重々承知しているのですが、なんというか、趣味じゃないんですよねぇ…

f:id:YOME:20201018021126j:plain

入学の際にいろんな書類を書かされるのですが、その中の項目のひとつが「Ethnicity(人種・文化背景)」というものでして、それに関連して「家庭での使用言語」という項目もあります。

一応どちらも「British/Japanese(英・日)」と「English/Japanese(英語・日本語)」と回答してますので、そのせいでこの本が贈られたってことなんでしょうけど、この本の主人公は中国人だし、上の子のときにもらったのはメキシコ人の子が主人公で、唐辛子が辛すぎてどうたらこうたらという、イギリス人どころか日本人にもあんまり共感というか感情移入ができないストーリーでした。

気を使ってくれてるんでしょうけどねぇ…だったら上の「Octopants」みたいに、なんかおもしろゆかいな内容の方が子供が気に入って何度も読んでくれるから助かるんですが。
上の子がもらった本の写真も撮ろうかと思ったんですが、あんまり好きじゃなかったようで、どこにしまったのか覚えてないとか言われちゃったし。

下の子がとりあえずどんな反応をするのか、「メイリンのしゃっくり」を何度か読んで検証してみようかと思います。
現在のお気に入りは動物さんが主人公のものばかりなので、人間がメインのものはあんまり興味を示さないかもしれませんが。

疑問なのは、英語以外の言語を話す子で、その言語での本の用意がある場合は特別に2冊なのかしら?
それともとりあえず2冊はデフォルトで、他言語話者には英語とその言語1冊ずつってことなんでしょうか?
その辺もちょっと興味がありつつも、わざわざ協会まで確認を入れようと思うほどでもないという自分の中途半端さにも反省。

↓どうせならこういうのとかがいいなぁ…無料配布するには高すぎるか…↓

子供の勘違い

月曜日に導入したスマートメーターですが、上の子が激しく勘違いをしております。

f:id:YOME:20201013072444j:plain

メーターに表示されている「Budget(予算)」のラインに到達してしまうと、それ以降は日付が変わるまで電気もガスも止まってしまい、それを何回も繰り返すとこの家から出ていかなければいけなくなる、という妄想に駆られている模様で。

朝起きてきて一番最初にメーターを確認し、学校から帰ってきたらまた確認し、寝る前にまたメーターを確認してます。

そして一日に一度はオットに「Daddy? How much money do you have?(お父さんはどれくらいお金持ってるの?)」と質問してきて、オットはオットで「About twenty pounds.(20£くらいかな)」とか「I only have a fiver today(今日は5ポンドしかないわ)」なんてのらりくらりと返事をするのですが、言う額が低いから上の子はメーターを見ながらますます不安を募らせるという悪循環。

金曜の夜の就寝前に「We don't have to move out, do we?(私たち、引っ越さなくてもいいんだよね?)」と聞いてきて、いきなり何を言うのかとじっくり聞いてみたところ、ここ数日のメーター確認グセの理由がようやく判明した次第です。
珍しいから興味があるのかと思ってたら、彼女の脳内では壮大なストーリーが作られてました。

一応ちゃんとどういった機械なのか説明しましたが、果たして理解してくれたかどうか…
Budgetというのはこちらが決める金額で、もしそれを超えることがあってももっと高い金額に変更することもできるから誰かに罰せられることはないんだよ、と教えたら一応「OK…」なんて言いつつもまだちょっと不安そうにしてました。

今ふと思いましたが、ひょっとして上の子はガスや電気会社の検針の人たちを借金取りかなんかだと思ってるのかしら…
もしそうならそこはちゃんと訂正しないとな…

↓大変だよね…↓

ランダムに色々。

我が家に新しい仲間が増えました。

f:id:YOME:20201016034611j:plain

Baby Yodaまたは「The Child」。
カワイイんだけど微妙にキモい…まあ、オリジナルのジジィ・ヨーダが夜中にトイレに行った際に床に転がってたら悲鳴を上げるでしょうけど、これなら、まあ、うん。
Mandalorianを観たことのない上の子がなぜかおねだりしてきて、オットが乗り気でポチったという、なぜこうなったのかいまいち分からない経緯で我が家にやってきました。

上の子はかなり気に入って一緒に寝たりしてるし、まあ、いいのかな。たぶん…

f:id:YOME:20201016035451j:plain

こちらの写真はちょっと前にうちの町の、我が家から反対側を散歩したときに見つけた小川。
川が流れてるのは知ってましたが、こんなにキレイだったとは知りませんでした。
曇りの日だったんですけど、晴れの日に来たらきっと光の感じとかでもっとキレイに見えるんでしょうね。
また行かないと。

そして最後はこちらの方の後ろ姿ですが…

f:id:YOME:20201016035842j:plain

誰かのお母さんだと思われますが、柄に柄を合わせる勇気のあるファッションだな、と、よくよく見てみたら背中にでっかく「反社会的」ってあるし。
「どこのブランドですか?」とか「Untisocial って意味なの知ってて着てます?」とか「最近の日本では反社っていうとYa○u○aって意味なんですよ」とか色々言いたいことはありましたが、ここはひとつ、そっとしておくことにしました…

へんな日本語がプリントされたブランド、Superdryは日本でもちょっと有名になってるかとは思いますが、学校にこの文章の服を着てこれるというのはなかなかの猛者ですね。
日本でも困った英文の書かれたTシャツやパーカーとか着てる人もいるから、むしろそれがファッションなのかな?

最近のスマホのアプリは文章にかざすだけで翻訳してくれるものがあるって聞いたことがありますが、買う前にチェックするのが当たり前の世の中になるのかな?
でもアマゾンの商品紹介の文章とかを見るとそれも怪しいのか…?

ヨーダが乗ってるポッド型のベビーカー?が実現するといいな↓

草の根ポリコレ運動?

昨日添付した写真の「Catさん」で思い出したんですけどね。

日系企業に勤めてたので、ローカル社員でもかなり上級の人だったり微妙なラインだったりバラバラではありましたが、日本語のできる方がちらほらいました。
日本語ができることを隠しつつ駐在員さんの日本語での会話を聞いて、内容が気に入らないと人事にチクってくるなんて性格の悪い人もいたんですよ。

それをやられると「同じ日本人同士で上手いこと言い聞かせてきて」なんて無茶ぶりをされて、職制ランクがかなり上のおじさんに言葉を選びながら説教をするなんて苦行が待ってるので、新しく赴任してきた人には「実は日本語ができることを隠してる人がちらほらいますので、日本語で雑談なさるときには内容にご注意くださいね」と先手を打ったりして。

それで少しの間は平和だったのですが、ある日私の上司から「ちょっと会議室まで来て」と内線で呼び出されました。
またなんか嫌なこと言われるのかしら…などと思いながら指定された会議室まで行ってみると、別部署のマネージャーさんも同席してます。
何が待ち受けているのかさらに不安に思っていると、「駐在員が会話の相手を誰それ”くん”と呼んでいるのが不満」という意見が出てきて、どう説得すればいい?という相談でした。

日本の今までの文化では上役が部下を呼ぶときには男女関係なく「○○くん」じゃないですか。現在は知らんですが。
なんなら国会議員だって「○○くん」で相手を呼ぶし、どこぞの大学は生徒が教授を呼ぶのも「○○くん」って伝統があるとかないとか聞いたこともあります。

そんな話をして、日本人としては特に変ではないし失礼でもないと伝えその場は終了したのですが、最初にクレームを入れた人はそれでは納得せずに「○○くん」というのは主に男児に対して使うものであって相手のことを見下している!と言って譲らず、シャークちゃんから駐在員全員に「”くん”づけを廃止して”さん”づけで統一する」旨を伝えてくれと後日お達しがありまして。
イギリスなんてアメリカナイズされて上役すら下の名前で呼び捨てだからそっちの方がよっぽど失礼じゃん…とは思いつつ、仕事だからやりましたよ、ええ。

知り合いに聞いてみたら似たような経緯で「さんづけ統一」がされたなんて日系企業もちらほらあったみたいで、なんかネイティブのこっちが納得いかないねぇ、とため息をついてました。

↓「我が妹」が「私の妻」という意味だと知ったら「それは間違っている!」って発狂するのかしら?↓

イギリス人、音痴…

ものすごく母数が小さい話なので十把一絡げにするのもアレなんですが、日本にいた頃から「なんか英国人って音痴が多い」という印象でした。
はじめてオットの先生仲間とカラオケに行った際に、あまりの音痴っぷりに衝撃を受けた記憶が鮮明に残ってます。

洋楽をカラオケで歌うのって難しいですけど、ひとつの音にひとつの音節を乗っける日本語の歌と違って、ひとつの音に何音節かの歌詞を乗っけるから舌が回らないのが原因なんじゃないかと思ってたんです。
で、ネイティブの人が歌えばそれなりにカッコつくんじゃないだろうかと期待してたんですけど、まあ、それはあながち間違いではなかったんですが、ちゃんと追いついてはいるものの音程は外しまくりで…

しかもイギリスのカラオケは基本的に旅館の宴会場とかスナックみたいなもんで、仲間だけでなく知らないお客さんもいる前で歌わないといけないからハードルが高いけど、日本のカラオケボックスは仲間しかいないから気兼ねなく音痴をさらけ出せる!という理由かどうかは知りませんが、マイクを離さず延長に延長を重ねて始発まで付き合わされたことも何度かあって、それ以来ヤツらと一緒にカラオケに行くのは遠慮してました。
飲み放題もついてるから無茶しやがるし…

渡英してからはカラオケとは縁遠くなっていたのですっかり忘れてましたが、上の子が小学校にあがってから音楽の授業がないことに気がつきました。

いや、みんなでお歌を歌うってのはやってるみたいなんですが、ピアニカやらリコーダーを演奏したり、合唱大会をやったりなんていうような私が知っている音楽教育は皆無でして。
3年生になってようやくリコーダーの授業があると聞いていたのに、コロナのせいでWind Instrument、いわゆる息を吹きかける楽器はダメ!ってなっちゃいまして。

通常授業とは別に料金を払って専門の先生が来てギターやバイオリン、トランペットやピアノなどのレッスンを週イチで受けることはできるのですが、家庭の事情で受けられない子もいるでしょうし、せめて楽譜を読めて音程が取れるようにするくらいは公費でしてもいいんじゃないかなぁ。

まあ、今は学校でみんなで「Happy Birthday」すら歌っちゃダメって状況ですからそれどころじゃないのかしら…?

↓昭和でピアノといえばコレでしょ↓

f:id:YOME:20201014071243j:plain

関係ないシリーズ。CATSAN、Cat(猫)Sand(砂)で猫砂。だけど瞬時に「Catさん」と思っちゃう私は日本語脳。