英国。色々あるけど住んでます。

イギリス生活の日記とか回顧録みたいなもの

無言の圧力

お題「便利家電」

月曜日。
下の子がナーサリーに行って、ひととおりの家事をこなしたらちょっと昼寝をしてやろうと目論んで、オットのお昼ご飯の後片付け、バスルームの掃除、夕飯の仕込みまでやって2時ちょっとすぎ。

40分くらい寝られるじゃーん❤️
なんてルンルンでタイマーをセットしてソファーに埋もれブランケットにくるまって、10分くらいウトウトしていたらドアベルが鳴りました。
舌打ちしそうな自分を抑えつつ玄関を開けてみると、フェイスシールドをしたエンジニア風の男性が工具を抱えてにこやかに立ってました。

まだ半分寝ぼけてる頭で一生懸命「誰だ???」と考えていたら、相手も私がボケてることを察して「○○社から派遣されてスマートメーターの取り付けにあがりました」と名乗ってくれてようやく覚醒。

先週そういえばオットがそんな工事が入るとか言ってたような。
オットに確認したら本人も今日だってことを忘れてたらしく、メーターの取り付けの際には当然ブレーカーを落とすのでWi-Fiも使えず、慌てて電話会議の時間変更とかしてワタワタしてたら下の子のお迎えの時間になってしまいました。
私のお昼寝計画は夢とついえた…というか、中途半端に終わってしまいました。

お迎えに行って戻ってきてもまだ工事中であろう時間だったので、小一時間ほど外を歩き回るという追加注文付きで、本格的にサボってやろうと思っていたのに正反対の午後を過ごす羽目になっちゃいました。

f:id:YOME:20201013072444j:plain

で、その結果取り付けられたのがコイツです。
黒いメーターで暗いところにおいてあるからイマイチよくわかんないですけど、ポケットWi-Fiくらいの大きさで使った電気とガスがひと目でわかって金額まで出してくれるし、定期的にメーターを読んで自動で送信してくれるから検針の人が来なくて楽、というものらしいです。

でも使った分の料金が一目瞭然というのは、なんというかプレッシャー以外何者でもないという…
毎月・毎週・毎日の予算を設定しておけば節約にもつながるって謳ってますけど、これから冬に向かって寒くなってくのに自宅勤務のオットがいてどうやって節約しろってんだ…
私だけなら着込めば日中の暖房費は節約できますが、働いてるオットに同じことをしろとは言えないよ。とほほ。

↓これで電話会議でウケを狙うってのは…ダメだろうな↓

f:id:YOME:20201013073521j:plain

時間潰しに入ったWilkoで、ハロウィンのお菓子配り用の骸骨人形が壁紙を物色してた…ちょっとカワイイ、かも?